2018.06.21 08:35

高知県内の小中学校で地震対策点検 危険ブロック塀46カ所

ひび割れが発生している江ノ口小学校のブロック塀(20日午後、高知市新本町1丁目)
ひび割れが発生している江ノ口小学校のブロック塀(20日午後、高知市新本町1丁目)
全体の9.4% 改修加速へ
 小学校のブロック塀の下敷きになって女子児童が死亡した大阪府北部地震。高知県内にも危険性の高いブロック塀は多く、県教育委員会によると小中学校に計490カ所あるブロック塀のうち、9・4%に当たる46カ所が調査で「危険」判定が出ている。県立学校では既にフェンスへの改修が始まっており、今後の対策は加速しそうだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ