2017.10.01 08:15

2017衆院選高知 野党共闘どう決着

民進系 大石氏 希望決断で「すっきり」 広田氏 「支援者納得の形」模索
 野党共闘の結論が出ないまま、膠着(こうちゃく)状態だった衆院選(10日公示―22日投開票)の県内の戦いの構図が、新党「希望の党」の出現で一気に動きだした。9月29日には高知1区に民進党から出馬予定だった元県議の大石宗氏が、希望に公認を求める意向を表明。打倒「自民1強」へ模索が続いてきた県内の野党共闘は、どんな最終形になるのか―。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ