2017.10.12 11:00

【71回県展 審査評】洋画 審査員・鍵岡正謹

山脇賞「林檎」川田達子(高知市)
山脇賞「林檎」川田達子(高知市)
 高知県内最大規模の公募展「第71回県展」(高知新聞社、RKC高知放送主催)が22日まで高知市高須の県立美術館と同市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれている。

県美術振興会奨励賞「ある風景Ⅱ」吉岡寿子(高知市)
県美術振興会奨励賞「ある風景Ⅱ」吉岡寿子(高知市)
 洋画、日本画、彫刻、工芸、書道、写真、グラフィックデザイン、先端美術の8部門。入賞入選と審査員、無鑑査、推薦作家の1218点が両会場を秋色に染めている。

 ことしは写真部門の入交貞悦さん、書道部門の中岡祥舟さんが無鑑査作家入りを果たした。同部門の無鑑査誕生は11年ぶり。初特選は13人で22歳の新鋭から84歳のベテランまでがそろい、幅広い年代が競い合う県展を裏付けた。

 8部門9人の審査員は各自の判断基準で厳しく作品を吟味した。審査評を紹介する。


高い油彩技術で安定感

 全体的に技術が高く、皆さん油彩をこなしているなと感じた。長く続けている方が多いのか、非常に安定している印象。抽象画の出品は少なく、具体的に見たもの、感じたことを素直に表現している作品が多かったが、それは描きたいものが明確という意味で良いこと。ただ、何なのか分からないけど気になる、という突出したもの、強烈なものは少なかった。

 高知県展の審査は初めてで、入落のボーダーを引くのが難しかった。入選と落選の間にそれほど大きな差があるわけではない。色彩や構成、マチエール(絵肌)の質感といった基本的な要素を見て、あくまで相対的な評価で選んだ。

 特選作品。水野厚男「登山道」は、連なる山、空などの遠近感がしっかりしていて、雄大な風景をうまく捉えている。行き過ぎるとスーパーリアリズムみたいになってしまうが、そうはならず、非常にオーソドックスな描き方で山の崇高さを描けている。技術があり、とてもいい作品だ。

 南千代喜「生命のダンス」は、全体として直線を使わず曲線で表現している。よく見ると一つ一つの球体に胎児が描かれていて、生命の誕生がテーマになっている。穏やかで不思議な雰囲気を放っていて、いやらしさがない。濁りがなく、色彩感覚が良い。

 大崎みどり「生きる」。傘のガラクタを入れているように見えるかごは、物に囲まれた生活や消費社会を象徴しているようにも見える。絵画もある意味、物質であるということを如実に表していると同時に、日常そのものを描こうとしていると感じた。青い線が印象的で、全体のバランスが取れている。

 山脇賞の川田達子「林檎」。お孫さんだろうか。子どもがかわいらしい。広々して気持ちのいい空間が描けており、とても若々しい感じがする。青い空と緑色の木の中に、赤を点々と配してあるのもうまくいっている。

 新人賞は尾崎仁保「青夏」。絵筆や花火などの夏の体験と、自画像を描いた作品。技術が高く、小さい画面の中に色彩をうまく使ってまとめている。

 県美術振興会奨励賞の吉岡寿子「ある風景Ⅱ」。モノトーン的な色彩など、絵画をよく知ってる人だなと分かる作品。淡い思い出のような雰囲気がよく出ている。

 ぼくは(県立美術館の初代館長時代に)賞の名前にもなっている山脇信徳について本に書いたが、県展創設に当たっての理念が素晴らしいと思っていた。いろんな表現手段がある今の時代に、洋画で表現するのは難しい部分もありながら、いろんな可能性や面白さがあるとも思う。風景でも日常でも関心のあるテーマを遠慮なく自由に追求してほしい。(談)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化


ページトップへ