2017.10.12 11:00

【71回県展 審査評】グラフィックデザイン 審査員・浅葉克己

 高知県内最大規模の公募展「第71回県展」(高知新聞社、RKC高知放送主催)が22日まで高知市高須の県立美術館と同市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれている。

 洋画、日本画、彫刻、工芸、書道、写真、グラフィックデザイン、先端美術の8部門。入賞入選と審査員、無鑑査、推薦作家の1218点が両会場を秋色に染めている。

 ことしは写真部門の入交貞悦さん、書道部門の中岡祥舟さんが無鑑査作家入りを果たした。同部門の無鑑査誕生は11年ぶり。初特選は13人で22歳の新鋭から84歳のベテランまでがそろい、幅広い年代が競い合う県展を裏付けた。

 8部門9人の審査員は各自の判断基準で厳しく作品を吟味した。審査評を紹介する。


山六郎賞「黒と白」 島本紘佑(高知市)
山六郎賞「黒と白」 島本紘佑(高知市)
得意技を積み上げよう

 全体に内容が濃く、一点一点に厚みがあった。

 審査の視点は、デザインの匂いがするかということと、イラストレーションの新しさがあるか。パッと直感で作品を見ていくと、いい作品はなんとなく向こうから迎えに来る。
 新しさとは、今まで見たことがないような、暴れているもの。今、特に文字デザインの新しさやタイポグラフィーへの注目が高まっていて、新しいものを作った人が時代をつくる、というようなところがある。

 特選は浜田啓「ポスター『漂着物50音』」。漂着物を並べて、「あいうえお」に変換している。「〽遠き島より流れ寄るヤシの実一つ~」という感じで、漂着物自体もストーリー性があるものだが、それを言葉に結び付けたアイデアがいい。一番ハッとした。

 山六郎賞の島本紘佑「黒と白」は、緻密な刺しゅうのような深さがあり、なかなか読み解けない謎がある。長時間鑑賞させる魅力がある。

 褒状。朝比奈富美男「ファミリー」は、現代アートの感じをデザインにうまく取り入れている。黒い線が力強く、構成が良い。「八」と読める部分が気になる。

 上岡洋介「light展ポスター」は、工業製品の残像みたいなものが使われていて面白い。時間がたっている感じとブルーが気持ちいい。

 目代美和「Art with wastes」は、生命体であり静物であるというような不思議なイラストレーション。色使いが良く、明るさがある。

 祖父江建樹「よさこい祭りのためのイメージ・ポスター2」は、結構新しい表現を使っている。楕円(だえん)や「山」の字が入ることで、よさこい祭りの強さが出ている。

 徳久茂「剣道PRポスター『剣道で日本を元気にするぜよ』」は、一番出っ張っていた。細部も凝っていて、気迫で勝負する力作。

 新人賞と県美術振興会奨励賞は、小松榛日「どうしたもんでえ高知県~高知県を元気にするためのポスター~」。「なんもない」「龍馬に頼りすぎ」など、遊び心がある。言葉とタイポグラフィーがうまい。高知県のポスターにしてほしい。

 デザインは面白い仕事。自分の得意技を積み上げていくこと、毎日工夫しながら続けることが大事。僕は「一日一図」と自分で書いた掛け軸を壁に掛けて、一日一個、図(デザイン)を描くことを課し、(所長を務める桑沢デザイン研究所の)学生たちにも言っている。1年続けると365個できますから。

 コンピューターを使うのは良いが、自分でラフを描くのは大事なこと。手で描くとイメージができるでしょ。基本を大切にしたほうがいい。(談)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化


ページトップへ