2017.10.12 08:35

吉井源太を共同研究 高知県いの町の紙の博物館と東大 製紙技術の変遷解明へ

吉井源太の日記の原本をデジタル撮影する東京大学史料編纂所の研究員ら(いの町の紙の博物館)
吉井源太の日記の原本をデジタル撮影する東京大学史料編纂所の研究員ら(いの町の紙の博物館)
 高知県吾川郡いの町の紙の博物館と東京大学史料編纂(へんさん)所(東京)などが、土佐和紙製造の近代化に尽力した同町出身の吉井源太(1826~1908年)の共同研究を行っている。本年度から2年間で吉井の日記などのデジタルデータ化を進め、多くの研究者が学術利用できる環境を整備。製紙技術の変遷の解明につなげたい考えだ。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ