2017.10.07 08:20

高知県内高速道が開通30年 命の道、流通、観光に寄与


 高知県初の高速道路となった高知自動車道・南国―大豊間(21・0キロ)が開通し、8日で丸30年を迎える。ヒトやモノを運ぶ大動脈として、県民生活に欠かせない存在になった高速道路網は、今後も西へ東へと延び続ける。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会


ページトップへ